ドリル帝国ブログ

ボドゲと映画とときどき旅行

ドラマ

アオイホノオ 11話

1話の冒頭に戻ってDAICONIIIのOP鑑賞会で打ちのめされる焔。やめてくれぇがここに来るわけですな。こんな感じで1話のオマージュが所々ある。 うちのめされて引きづられて出てきたところに久々南雅彦。DAICONIIでガイナメンバーが手塚治虫の訪問にあった時の…

アオイホノオ 10話

ファーストピクチャーズショーもとうとう焔の作品「未来への使者!」の上映。とにかく自信満々なのがあとからくる逆カタルシスへの伏線というか、もう押すなよ!と変わらんな。 案の定全く反応のない会場でがっくりうなだれる焔。3分クッキングはさぞ恨めし…

アオイホノオ 9話

最初から焔vsMADホーリィ。上げて落とすというか、焔が舞い上がり過ぎてあのまま落ちたら粉々に砕け散っていただろうけど、なんとか書き直しの約束で止まる。そかし、佐藤二朗のMADホーリィはひどいなぁ(褒め言葉 2年に進級してファーストピクチャーズショ…

アオイホノオ 8話

とうとうガイナ側の物語のキーマンでもあり、どうかしている男こと岡田トシオが登場。その前にまず異様な外観の岡田邸がまたCGなんだけどマジ異様で四角くて素晴らしいフィクションぶり。実際は10mx10mの3階建がエレベーターホールでつながってるらしいんだ…

アオイホノオ 7話

時代は1981年に入って焔の教習所の話は冒頭の回想シーンという感じで。教習所で知り合ったお姉さんとの絡みが減ったり、最後にねじ伏せるところはなくてちょっと残念だけど、教習所の教官が怪傑のーてんきこと武田康廣のカメオだったのがニヤリ。 教習中、右…

アオイホノオ 6話

前回の引きでまんカレ入選を逃したことに教室で落ち込む焔。そこに矢野ケンタロー登場。一気に教室が劇場のように見える芝居口調で焔を励ましてんだか馬鹿にしてるんだか馬鹿にしてるんだろうけど。悪女とん子さんとやな先輩矢野ケンタローは立ち位置が似て…

アオイホノオ 5話

持ち込みに来て新宿ではしゃいだ前話から続いてとうとう持ち込みへ。今回の話は痛くて痛くて屈指のダメエピソードなんだが、実写化でいかんなくそれが・・・。 まずサンデー編集部。横山氏の横柄にも見える態度やギャグの滑ってる感が当時の焔の感じ方どおりな…

アオイホノオ 4話

アニメーターになるは庵野に打ち砕かれたので漫画家方向へ戻る焔ときっちゃんに誘われて持ち込みに東京に行く話。 トン子さんのナチュラルボーン悪女っぷりに翻弄されて抱きしめそうになるところをカリオストロのルパンのように我慢するところは原作でも実写…

アオイホノオ 3話

ニチアサがないけど今季はこれのレビュー書いてるんで日記長い。 今回は負の焔が目白押しで原作も読むのが一番つらかったところ。特に高い道具を買ってきて満足しちゃうところとか、真っ白な紙を前に何もアイデアが出てこないところとか。そしてベッドに転が…

アオイホノオ 2話

今回はわりとおとなしめに感じちゃうのは、1話に庵野がらみのインパクトが有ったせいだと思うけど、そもそもここからしばらくは焔の七転八倒と都合のいい解釈とか、当時のマンガやアニメに対する焔のスタンスとかが面白いので、じっくりやってほしい。 新キ…

アオイホノオ 1話

多分ドラマがダイコンフィルムのところまで(SF大会大阪)なのか、冒頭はいきなり在りし日のフィルムから。その1年4ヶ月前と時間を戻して、いきなりあだち充のナインに合わせて古谷徹と鶴ひろみのアテレコで始まるところでむず痒さと笑いが。そして焔モユル…