ドリル帝国ブログ

ボドゲと映画とときどき旅行

レベルを上げるよ

狙い逃避

 ここ最近複数種類のタスクが一度に降り掛かっていて、一生懸命タイムスライシングして一人で片付けているのに、のんきな人たちが優先度の低いタスクをさも優先度が高いかのように放り込んでくるので蹴散らしながら仕事をするはめに。だいぶ頭の中がぐちゃぐちゃになっているところに意味のわからんプライオリティ付けられても対処できないし、本来私のやることじゃないこともやっているのでいい加減にしろとそういう仕事は撃っちゃっているのでなんとかなっている感がひしひしとしている。
 で、先々週の土曜日が急遽出になったので先週の土曜日は代休にして、絶対に休出を断るために映画を朝から2本予約しておいた。まぁヤマト2202はイベント上映なんでもう見に行かないとだめだったし、ヴェノムははしごするのにちょうどいい時間からの上映開始だったからなんだが。
 それ以外は部屋にこもって録音したラジオと録画したアニメとアマプラビデオのプリキュア初代をかけながらDQXに没頭する。
 先週1stキャラの4.3ストーリーを終わらせていたのでサブクエ消化したり、2ndと3rdの水の領界を終わらせたりと結構充実したDQXライフだったわけですが。そういえば領界調査と並行して受けられる世界調律も受けられるようにしたんだけど、これがちょっとFGOっぽいよなと思わなくもないのでしたw

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第六章「回生編」

 物語は佳境で大体の立ち位置や思惑が見えて今後どうするか?みたいなところが物語の軸になってきた。
 第五章の最後に出てきた銀河やアンドロメダの活躍もなかなか良かったし、ヤマトクルーたちとしては加藤や雪、キーマン、斉藤あたりの物語が動いてて、銀河の艦長藤堂早紀とかデスラーなんかも結末に向けて収束していってる気がする。
 まぁ最終的には今回名前出てきたアレにトランジット波動砲を収束して撃って破壊してオシマイなんじゃないかなぁ。
 ネタバレ回避なんで与太話をすると、藤堂早紀は桑島法子顔なんだが、桑島法子はすでに森雪の中の人なので高垣彩陽でしたw

ヴェノム

 これはスパイダーマンヴィランとして生まれるヴェノムじゃなくて、ホラーとコメディが程よく効いたダークヒーローアクション映画。
 異星生命体だったり共生生命体だったりという出自と高熱とアルシュの周波数に弱いという弱点が同じで、エディ・ブロックに取り憑くというところまでが割と原作準拠なところで殆どはオリジナルな話。スパイダーバースに絡めたいのだろうけどMCUからは弾かれちゃってるんで続編(カーネイジが出てくるんだろうやつ)でもスパイダーマンとは絡めないのかねぇ。
 個人的にはギリギリいいところに落とし込んだんじゃないかなと思っているので凶悪なヴェノムが好きだと日和ったなと見れるけど、まぁ人食いヴィランはこのくらいのコミカルさまでに落とし込まないとひたすらグロくなっちゃうものなぁ。なので割と面白く見られたマーヴェルダークヒーロー作品でした。
 スタン・リーのカメオ出演はまだアヴェンジャーズ4とかでもあるみたいなので、登場シーンは心の中で哀悼を捧げていました。

ヴェノムバース

ヴェノムバース

寒くなってきた

多忙につき

 来週末の3連休に仕事の展示会出展があるのと今メインにしている仕事の設計が大詰めで珍しく毎日残業してて今月40時間超えてる。いつもは15時間ぐらいなんだけどなぁ。突発で土曜日が出になったりもしてるんでそれなりに仕事に忙殺されている。
 現実逃避なのかなんなのかこういうときに限ってゲーム熱が上がる。仕事でちょっと遅く帰ってきてからDQXは精力的にレベリングしちゃったり、この前の日曜日は結局家を出ずに1stキャラでver4.3をクリアしたり。ドワ皇女かわいかったわ。
 他にもSteam版のサイズやテラフォーミングマーズ、KOF14、鉄拳7なんかをやっちゃったり、アトリエオンラインを始めちゃったりとちと破滅的な状況だ。なんせ冬コミスペース受かったんで原稿も描かなきゃいけないし。
 反面食は細くなる一方で、朝昼パン1個ずつ、夜も711のチルド惣菜を1つと冷奴、缶酎ハイ500mlを1本てな感じでも大丈夫なくらいだし。それでも腹肉があまり落ちない不思議。
 精神的に我慢ができなくなるのでカミヤには行くし、飲みに行こうと思うことは止めないんだけど頻度はがっくり下がっているなぁ。
 まぁとりあえず月末三連休まではこんなペースで頑張るしかない。

忙しくてとばしがち

飯の話

 私は貧乏舌なのでまぁ甘いものと食ったら死んじゃうそば以外はまぁ何でも割と美味しく食べます。酢の物とかちょっと苦手だけど甘いものに比べれば全然食べれるんで。
 だけど、私は少食なのです。美味しいものがたくさん食べれないし、色んな種類を試すのに一度に2、3種類試すとお腹いっぱいになってしまうのです。
 でもまぁ割と鼻が利くというか美味しいお店(自分基準)を見つけ出すのは得意なんでわりと後輩なんかを連れて行くのにネタには困らないのよねぇ。
 新宿で呑むことが多いので新宿をサーチしてるんだけど、最近お気に入りはビーフキッチンスタンド。一応チェーン系の肉バルなんだけど一品一品が小さくて安い。つまり私のようなのでも種類が食べられるし、時々猛烈にハンバーグが食いたくなるんだけどここのハンバーグ(290円)もうまいのでコスパ最高だし、ちゃんとホッピーが置いてあって驚愕のセット350円。2000円弱で私はお腹いっぱいにして帰るのでした。
 まぁ他にもしょっちゅう使っているのは歌舞伎町のモツ焼きカミヤ、西口はアカマル屋や寅長、家の近くなら桔梗と一人で入れて安くて旨い店はホント重宝しますな。

忙しくて書く暇なかった先週末

ぼちぼち

 小さなボドゲ例会とかプリキュアオールスターズメモリーズだとかそこそこ楽しいことで忙しくしていたのだけど、今は本格的に仕事が忙しい。週末に金払わなきゃいけなかったことを忘れて財布の中にぎりぎりしか入ってないとかその程度に日常生活がスポイルされている。
 その反動でか、久々に土日休みだった土曜日を本当に無為に過ごした。前の晩も日が変わる頃に寝て朝8時に起き、一応掃除と洗濯はきちんとやってそこでもうその日のタスクは全て終わったことにする。
 座椅子に身体をあずけてSteamで半額だったKOF14と鉄拳7、ちょっと前にリリースされたテラフォーミングマーズ、さらにサイズ/大鎌戦役を録音したラジオを聞きながらダラダラやる。ふと時計を見たら11時だったので、1000円引きクーポンがあったことを思い出したドミノピザに肉っ気たっぷりなハーフ&ハーフを注文。サイドもMを2つで600円になるクーポンが併用できたのでバターしみしみなポテトフライとチキンウイングをつける。
 ピザが到着したらキンミヤをコーラZeroで割ったものと一緒に昼食と洒落込み、録画を消化しながらカウチポテトならぬ座椅子ピザ。怠惰。圧倒的怠惰。
 干してた布団を取り込んでダラダラゲームを続けてたらものすごい睡魔に。16時だったので17時に目覚ましかけて遅い昼寝。ちゃんと17時に起きるところに普段の真面目さが垣間見えてしまうが残ったピザやサイドを温め直してキリン本搾りグレープフルーツのあてにする。
 そのままだらだらだらだらとゲーム(しながらラジオ聴取)、読書、アニメ鑑賞と翌日にまた1つ年をとる大人のやることじゃねぇなぁと思いながらも怠惰を止められなかったのでした。
 日曜日は某裏方のスタミがあったのでリュックにそこそこのボドゲと登録に必要な書類だけ持って参戦。場所が渋谷の道玄坂だったので最初は歩いていくつもりが眼の前にハチ公バスがきたので富ケ谷までバスでいってそこから裏渋をまっすぐ道玄坂に向かって歩くという昨日とはうってかわってアクティブな感じに。
 設営を手伝ったあとは小部屋でボドゲを延々とやるマンに。ボブジテンその1、その2をインストしたり、クアックサルバーをインストしたり。時間的にテラフォーミングマーズに参加できなかったのが残念。途中本来の目的の登録をして、撤収を手伝って仲間内4人で新宿のアカマル屋で飲んで解散したのでした。
 DQXをちょっと、Steam版テラフォをちょっとやって、一日1チーム、プリキュアコスチュームクロニクルを読むという経典にあたる敬虔な信者のようなことをやって土日の休みを締めくくったのでしたw

散財ともいう

改善

 私は細々と何かを小さくまとめたり生活の改善をしたりするのが好きなんだけど断捨離が苦手なので圧縮して置けるものが増えるという感じになってしまっているきらいもある。
 ボードゲームを買ってきたらすぐにコンポーネントをどう圧縮するかを計画してカード類はスリーブに入れてチャック袋に、チップやコマなどもチャック袋に入れるか小分けにできるケースに入れる。箱はとっておくけど中身は大体ジッパーケースに収めてしまう。
 そろそろ今年買ったゲームの箱は大中小をマトリョーシカにして倉庫と化しているロフトに送らないとなぁ。
 そのロフトはもう何年も前から片付けなきゃなぁと思いながらも手を付けられていない。すでに魔窟といってもいいような状態でどこから手を付けたものかと悩んでしまうくらいなのだけども、いっぺんにやろうと思うからいけないので、体のあいている週末にでも手前からぼちぼち片付けるかなぁ・・・この時期になると毎年言ってるけども。
 今年に入ってベッドが壊れて粗大ごみに出してそのかわり収納になっているベンチ状のスツールを5個買ってベッド代わりに。それに合わせて座卓テーブルをスツールに腰掛けてボドゲができる高さに改造、テーブルもダンボールと100均の網とボール紙で拡張してなんとかザイズが5人でできる広さにしてみたり。昨日は土曜日にそろそろ寒くなってきたなと干した掛ふとんのカバーがあまりにもな状態だったので買ってきて交換。ついでに枕カバーも交換。その枕は普段使いの低反発じゃなくて、寝転がって本読んだりするときの嵩上げ用の枕なんだけど。
 シーツだ普段使いの枕カバーなんかは夏前にひんやり触感とかいうのに変えたんでこの夏は割と快適だったんで、昨日もにとりで綿の掛けふとんカバーを買った。
 土曜日に届いた新しいグラボはDQXやSteam版サイズをやるには快適なのだけども、DVI端子が1個でHDMI端子が2個というのを見落としてて、液晶タブレットが繋げられないので、HDMI-DVI変換コネクタを購入。今日届く予定なので家帰ったら早速付けてちゃんと使えるかやらないとな・・・。今週末は当落発表だし。
www.nitori-net.jp

充実気味

Hugっと!プリキュア ふたりはプリキュア! オールスターズメモリー

 久々の土日休みの土曜日が公開初日だったのでいつもどおり午前中の回にしようかと思ってたんだけど、午前中にグラフィックカードを交換する予定だったので昼過ぎの回で見に行った。
 1時間ばかり早くいって、空いているうちにパンフレットとグッズを買おうと思っていたんだけど、ミラクルライトSPはすでに売り切れだったのでパンフレットだけ。イベントスペースでTシャツ買おうか悩んだけどフルグラTは流石に置いてなかったのでぐっと我慢(発売日31日だった)。隣のなのはのイベントスペースもちょっとひやかしたりして時間つぶしていざ鑑賞。
 ネタバレ抜き感想は最高でした。特に、映像、セリフ、音楽のチョイスというかタイミングと言うか見栄というかバッチリぶっ刺さってきて、泣けるシーンというわけじゃないのにこみ上げてくる感じで震えてしまいました。
 物語的には敵であるミデンとプリキュアたちの攻防と、まぁキャラクターの持つあれこれがちゃんと回収されていって収束していく中にもちゃんとオールスターズ映画らしい大乱闘もあって見ごたえも十分。半分セル、半分CGなのも違和感はなくてどっちも美麗で一部セルの方がCGに寄せた画調になってたりするのもそれに一役買ってたかな。
 やっぱりブラックとホワイトは強いし、はな(エール)はちゃんとプリキュア主人公の血脈だし安心してのめり込んで見れました。
 前週に放送されたHugプリ37話のオールスターズ大集合回のおかげもあってプリキュアの数の暴力というよりそれぞれの見せ場=バトルと言う方程式にすんなり乗っかれる下準備が出来てたのも良かったんじゃないかなぁと思いましたわ。
 劇場にもう一度見に行きたい。が、11月は忙しくてそんな隙がない!1ヶ月後の平日の代休にワンチャンかなぁw
映画HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュア

小さな例会

 10月の小さなボドゲ例会は2回目。11、12月は多分出来ないだろうからまぁ楽しめたんでよかったかな。

  • クアックサルバー

 今回はセット2で遊んでみて、セット1に比べると緑や紫の強さがちょっと侮れなかった。青はセット1のほうが使い出は良かったかな。黄色の次の材料の数値が倍効果は2とか4がハマれば美味しいけど、白とかだと目も当てられなくなるのでなかなか面白い。コンボらしいコンボはないけど派手に盤面が動く感じ。私は黒でルビーとかしずくを稼いだんだけど、後半それを足がかりに飛ばそうと思ったらバーストが早すぎて伸びず苦しめられてトップに追いすがれませんでした。

クアックサルバー 完全日本語版

クアックサルバー 完全日本語版

  • ダイスセトラーズ

 前日に勢いで購入したダイスゲーム。コンポーネントがダイス、タイル、カード、チップと多種多様でメインボードも大きくていいのだけど、最後の得点計算についてはメインボードに書かれてないのはもったいないなぁと。
 初プレイだったので手探り巻半端なかったけど、基本はダイスロールしてそのダイスを次のアクション2つ分にどう振り分けるかってのが一番の悩みどころ。あとはそれを実行しつつフリーアクションやタイルの効果を使って領地を広げたりしていく。
 探検、入植、交易、研究などなにかメイン戦略に据えるもの(点数のソースになるもの)を中心に、遅れを取らないように探検や入植は随時していくのが動きとしてはあってる気がする。戦闘なんかは戦略的に必要じゃなきゃやってもあまり意味がないし一手番最大で2アクションなので(1アクション増えることもある)取っておくダイスなんかもちゃんと考えないといけないので、一番時間がかかるのはダイスロールフェイズなゲームですな。

  • ボブジテン

 私はわりと得意なゲームなんだけど、やはり何故か語彙力が突然低下したり、日本語に引きずられてカタカナ語がでてこなくなったりするのが面白くももやもやする感じが楽しいゲームですな。

ボブジテン

ボブジテン

  • マジェスティ

 お手軽拡大再生産ゲーム。程よいプレイインタラクトと減点が基本的にゲーム中にはない(ゲーム終了の得点計算にはある)のでバンバン稼げてる感じがするのが楽しい。マジョリティーをとるかセットを取るか悩んでたら1つもマジョリティー取れてなかったとかになって泣きを見るんですけど。インストしてもサクサク1時間弱で終わるゲームなので今度はB面でもう少しボードゲームらしい感じでやるのもいいかも。

マジェスティ 完全日本語版

マジェスティ 完全日本語版

めちょっくなことは日々おこっているけども

準備は万端だ

 今週末の土曜日からHugっと!プリキュア ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズが公開される。私も土曜日の昼頃の回で座席を予約してあるので今日の帰りにでもチケット出しに行こうかなというくらい準備は万端だ。
 まぁ15周年イヤーということもありプリキュア界隈は今年はいろいろと仕掛けてきてて、その中でもかなり力が入ってるのがこの映画なんじゃないかなぁと。もともと春映画のおまけで始まったオールスターズ。フレプリから正式にDXが制作されてDX3まで続いて、NSも3まで、春のカーニバルとみんなで歌う奇跡の魔法とオールスターズを関したものは計8本作られたんだけど、流石にもうプリキュア全員出すのは大変だということになって、前前作、前作、現行作のプリキュアが活躍するドリームスターズ、スーパースターズが制作上映されている。
 で、今回のオールターズメモリーズは春映画ではなく、現行のプリキュア単品作になる秋映画で行われることになったのが画期的で、しかもTV本編でもプリキュアオールスターズがちゃんとそう名乗りを上げ登場する話がつい先週放送された、これも画期的なことだった。多分に映画の宣伝を兼ねているところではあるんだけど、先週の感想でも書いた通りすごい出来だったので、この映画ももちろん期待が大きく膨らむというものだ。
 プリキュアといえばEDの3DCGモデルを使ったダンスなんだけど、これもフレプリのEDから始まっていて春映画、秋映画でもEDにダンスがあるのは恒例になっている(ない作品もある)。アニメの世界、ひいてはCGアニメの世界では時折現在最高峰のCGアニメが商業的に公開されるのがプリキュアのEDだと言われることもあるくらいなのだ。
 今年の秋映画は姫プリの映画の1本やドリームスターズでもCGを担当した宮本浩史監督で、日本のCGアニメでは最高峰を行く人だと思う。姫プリ映画のレフィーは短編だったけどすごいクオリティで度肝を抜かれたし、ドリームスターズでのセル画パートとCGパートを世界の変化で切り替えるという手法もお見事だった。今回もセル画パートとCGパートが混在しているようなのでどういう表現になっているのか楽しみだったりする。
 とまぁ、プリキュアおじさんの一人である私は映画を見る心構えが準備万端なのだ。あぁ、早く見たい。忙しくて少し疲弊している心を慰めてほしいわ。
映画HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュア