ドリル帝国ブログ

ボドゲと映画とときどき旅行

もうすぐやで

準備

 今週末は恒例となった某裏方のバス旅行である。基本的には観光を目的とした旅行なのだけどバス(20人乗りのコースター)に乗った途端に酒の栓が開き乾杯とともに飲み旅が始まるのだ。かく言う私もホッピーとキンミヤと本搾りを自作の簡易冷蔵庫に詰め込んで参加しているので飲む気満々である。
 今回も20人の大所帯なのでそれぞれが持ってくる酒の管理なんてしないので、何となくどのくらい必要そうかを予想するんだけど、私はいつもどおりホッピーを3リットル、キンミヤの1.8リットル1パック、チェイサーとうそぶく本搾り500mlを9本、割材としてコカ・コーラゼロを3リットル準備している。食べ物は準備するつもりはなかった(だいたいいつも食いきれない量あるので)んだけど、自分が食いたいというだけでお得用チータラx2とさきいかハッピーターンのアソートを荷物に忍び込ませている。
 この辺の準備はあとは当日に持っていけばいいだけなので良いのだけど、最近は旅のしおりも私が書くようになった。もともとの幹事の一人が元バスガイドでしおりを作ってたんだけど最近参加できていないので片手間ながら作ることに。というか、観光の目的の一つである神社仏閣旧跡や名所について事前に調べて知識として持っておくことにある種の快感があるのですすんでやってるんだけど。まぁ印刷してみんなに配るんじゃなくて、クラウドに入れてリンクを教えるだけなんで手軽なもんですけど。
 今回の旅行はこの5年で行くのは3回目になる伊香保温泉。冬に2回、秋に1回と少し寒い時期ばかりだけど温泉地なのでそれもまた良い気はするけどね。たしかまだペヤングとのコラボはやってるみたいなんで石段街の入り口に巨大湯切りペヤングがあるはずなんで楽しみだなぁ。雨と寒さだけが心配なところだけど、週間天気予報では土曜日が雨のち晴れで向こうに着く頃には雨もやんでそうなんで良いかね。わりと暖かそうだし。いや、暖冬なせいで榛名湖が凍ってないらしいのでそれはそれで残念なんだけど。
 まぁ何にせよ後はほぼほぼ当日を待つだけなので、年甲斐も無くワクワクしてるのよねぇ。

ホッピー [ ノンアルコール 330ml×24本 ]

ホッピー [ ノンアルコール 330ml×24本 ]

休息日

電気工事

 年明け前にアパート(築30年超)のインフラ系の調査が入ってて、19日に電気工事が入った。まぁなにか問題があったっぽいけど9時半過ぎ~11時前に工事は終わって、その後で各部屋のブレーカーを調査しに来た程度で停電するわけでもなく終わったので良し。ちなみに全日有休を入れてたのであとは休養日に当てましたわ。
 といってもやることはあって、夏の大祭のサークルカットを描かなきゃいけなかったのでしゃこしゃこ描いてアップロード。あとはDQXの2ndキャラのver4を進めて、メガルーラストーンを完全版にするところまで・・・途中で昼寝を挟んで終わらせました。
 雨が降る予報だったんだけど都心を避けるような降り方してるんで開店直後のカミヤに行く。いつもどおり飲み食いして、100均で今週末のバス旅行で使いそうなものを買って、買わないつもりだったつまみ系の食料をおかしのまちおかで購入。ちなみにハッピーターンのアソートとチータラとカマンベールチータラとさきいかというのんべぇな乾き物だけどw
 まだ雨も降ってなかったので歩いて帰っていたら、道中でポツポツ降り始めてちょっと早歩き。家まであと3分というところで雨脚が強くなってきたけど、帽子もかぶってるし傘ささなくてもなんとかって感じだったんでそのまま帰宅。その後ちょっと強く降ったみたいでギリギリのタイミングだったかな。
 昼寝したのに眠気がすごかった(多分低気圧のせい)ので22時過ぎに寝る。寝る前に転スラ(録画)最新話見てからだけど。
 最近手に入れた超音波加湿器のおかげか雨降ったおかげか喉の調子も良くて寝苦しくなくてよい。実は今朝起きて気がついたんだが、風呂の栓抜くの忘れててユニットバスの扉も換気のために半分開いてたのでその湿気もプラスされてたっぽいけどw

いっぱつねた

とある日曜日

www.toei-anim.co.jp

www.tv-asahi.co.jp

  • 9:30・スーパー戦隊最強バトル視聴。戦隊初の大型特番(全4話)の第1話。リュウソウジャーとのリンクもしていくみたい。

www.tv-asahi.co.jp

  • 10:00・洗濯、掃除。上坂すみれのハートをつければかわいかろう(録音)を聴きながら。
  • 10:50・東映公認 鈴村健一神谷浩史の仮面ラジレンジャー(録音)を聴きながら事務処理。

kameradi.jp

  • 11:25・男子ごはんを見ながら事務処理。注文していた超音波式加湿器を受け取り、セッティング。

www.tv-tokyo.co.jp

  • 12:00・コンビニで昼ごはん買ってきて早見沙織のふり~すたいる(録音)を聴きながら昼食。ニュースを見る。
  • 13:00・ドラゴンクエスト10をやる。1st~3rdキャラの週課を消化。3rdキャラのVer.3最終章を開始。トクサツガガガ第5話(録画)を見ながら。

www.nhk.or.jp

  • 14:00・睡魔に襲われ昼寝。
  • 15:15・昼寝から起床。DQX再開して3rdのVer.3をおわらせた。立花理香の理香学研究所-広報室-(タイムシフト)、鷲崎健のヨルナイトヨルナイト内の井澤立花ノルカソルカ(録画)を視聴しながら。

rikagaku.secondshot.jp
agonp.jp

  • 18:45・晩ごはん兼晩酌の肴を用意。
  • 19:00・THE鉄腕DASH視聴。晩飯。洗い物。

www.ntv.co.jp

www.ogurayui.jp
www.youtube.com

  • 22:00・DQX終了。風呂支度しながらプリキュアつながるぱずるんをやる。

precure-app.bn-ent.net

  • 22:15・入浴。
  • 22:30・寝支度。各アプリのスタミナなど消化。ふとサークルカット描くことを忘れてたことに気づき、リマインドに申込書セットをデスクに置く。月曜日に描く。
  • 23:00・なんとなく新谷かおるのクリスティーロンドンマッシブが読みたくなって1巻を読む。

  • 23:30・眠気最高潮になったので就寝。

ストレス軽減

肉と日本酒

 サブタイは千駄木にある予約のなかなか取れない貸し切りの焼き肉と日本酒のお店の名前だったりする。2月の頭に予約を取れた仲間のお誘いで参加させてもらったんだが流石に良い店だった。
 お肉は食べ放題じゃないけど厳選された牛豚鶏とそのもつが10種類ぐらい出てきてこれもまた絶品。日本酒は60種類くらいあって飲み放題。自分で冷蔵庫に行って選んで注ぐもよし、店員さんがテーブルまで持ってきてくれたおすすめを飲むも良しで2時間位で8合ほど飲みました。
 ご飯も食べ放題なんだけど、自分の胃袋を勘案して焼肉食べ終わった腹の感じ分のご飯をよそって牛丼にしてもらって締め。たまご100円もぶっかけてほぼ卵かけご飯+牛丼頭って感じでになったけども。実際は締めの冷麺がそばアレルギーで食えない分の隙間にぶち込んだって感じですが。
 帰りは数人で屋中を歩いて日暮里あたりでお茶しようと思ってたんだけど、気づいたら上野まで歩いてました。腹ごなしには良かったかね。美術館の横の喫茶店でお茶はしましたが。
 次回の予約取れたのが来年の6月とかなかなかすごいことになってるなぁ。もちろん時間合わせて参加したいがw
tabelog.com

加湿器

 家の加湿器の調子が悪いというか、湯気出始めるとすぐにサーモスタットが効いてしまってリセットしてもすぐ切れて使い物にならなくなってしまった。今朝なんか室温9度、湿度44%とかやばいことになってたので今度は超音波式のをポチりました。届くのは日曜日だけどまだまだ寒さも乾燥も続くだろうし、小さいのを買ったのでホテル泊なんかするときに持っていくと役に立ちそうだしね。喉弱いので乾燥するとすぐにガラガラになっちゃうのでのど飴と加湿器は重要なアイテムなのです。

ここ最近後編

あれこれ

 忙しい中でも心の平穏を保つために映画見たりしてたわけだけど、それ以外にもミニプラ作ったりDQXやったりと短時間ながらも集中できることがわりと良かった気がする。
 ミニプラはギャラクシーメガとデルタメガを作った。これがまた出来もよいし格好いいしでたまらんのです。スーパーギャラクシーメガはデルタメガを着て履くというスーパーライブロボと同じなんだけど、合体方法は結構洗練されててなるほどこうなってたのかとDXを買ってなかった身としては仕組みもしれてよかった。5色トリコロールカラーが多い戦隊ロボの中では青と黒と銀という渋めの配色なのも良いなぁ。
 HGのゴウザウラーも作りたいんだけど、ミニプラじゃないんで結構複雑だし色もしっかり塗りたいので二の足を踏んでいる。ミニプラのゴライオンとかキングブラキオンとかキングジェイダーとか手を付けるのに躊躇しているものもまだまだあるけどね。
 ハグプリ最終回の話はしたが今度はルパパト最終回の話。まぁとても良かったというほかない。ルパンレンジャーはドグラニオの金庫の中でそこにあったルパンコレクションを使って脱出じゃなく、本(倉庫につながっている)に戻すことでドグラニオを弱体化するという文字通り捨て身の選択。パトレンジャー側は弱体したドグラニオを倒すのではなくとっ捕まえて監禁、金庫のあけ方を模索するという展開。1年後、復活した魁利の兄、彩、詩穂の3人が怪盗修行を経てジャックポットストライカーを見つけてドグラニオを精神操作して金庫を開けさせるというのもなかなかやばい展開だった。ちなみにギャングラー残党の持つ残りのお宝はOPに出てくる丸い爆弾状のやつ(あの日をもう一度:元ネタ・バトルフィーバーロボ)でここで回収。このへんもたまらなかったなぁ。ルパパトは視聴率とホビーが振るわずだいぶ苦戦してるイメージだけど話やキャラは良かったんだよねぇ。ダブル戦隊は視聴者層の少年少女には難しかったのかねぇ?

アクアマン

 忙しかった元凶の展示会が終わった翌土曜日。三連休の初日に見に行ってきました。DCの中でもかなり古い歴史のあるアクアマンだけど日本ではマイナーで、前作ジャスティス・リーグでも水中戦は殆ど無いので何だこの髭のおっさんって感じだったろうけど本作ではそのパワーを遺憾なく発揮していたので海洋国家の日本では受けが良さそうなキャラだなぁと思ったり。見どころはやはり水中(海中)の演出だったりバトルだったりで、物語は良く言えば王道、悪く言っても王道な出自->葛藤->決意->冒険->決戦->大団円なよくあるアドベンチャー映画フォーマットでひじょうに話には入りやすい。よくある理解が追いつかなくて楽しめなくなるようなことがないのはこういうヒーロー映画ではいいのではないかな。アベンジャーズはそういうノッドな感じになってるんでことさらあっけらかんと感じたのかも。アメコミヒーロー映画としてはココイチのおすすめですな。

劇場版 シティーハンター 新宿プライベート・アイズ

 連休中はいい席取れなくて連休明けの仕事帰りに見ることに。ラボからなら余裕だなと思ってたら本社から帰ることになって予告編始まってるところで劇場に入ることになるというギリギリさだった。パンフレットはアクアマンと一緒に買っておいたので難民にもならず。あらすじは美女が謎の事件に巻き込まれて冴羽がもっこりアプローチしつつ香にハンマーで殴られながらガードして徐々に事件の真相が明るみになって大事件に発展してどんぱちやって大団円というCHのフォーマットなのでなんのネタバレにもならないのはいいね。細かいところを喋っちゃうとそれはネタバレなんだけど、ここ最近見た邦画は妙に音楽がいい。音楽でホイホイしてくる感じがあって、CHも冒頭からやられますわよ。というか劇中もすごいホイホイ度が高いんだけど。まぁこの時代にCHの新作映画が見れて、サプライズもあり懐かしさもあり新鮮さもありで良かった。見たのがバルト9だったんで劇中の舞台のど真ん中で鑑賞している不思議感も加味されて更に良かった。

ひさびさすぎる

忙しさが一段落

 とある展示会に出展するのに間に合わせるためにここ数ヶ月かなりの忙しさだったんだけどやっと開放された。まぁ展示会に出展しただけでそれ自体はまだまだ改良しなきゃいけないし、検証だのもしなきゃいけないんで終わったわけじゃないんだけども。
 前回の日記以降、書きたかったネタはプリキュアのことと映画のことなんで、ぼちぼち書いていくかな。ちなみに夏コミサークルの申込みもした。4日間開催なんでサークルなんてやってる余力があるのか?
 今回はハグプリとスタプリ、1月後半に見た映画3本についてだけ。残りの怒涛の日々は後日。

プリキュア

 1月の終わりにHugっと!プリキュアが最終回を迎えた。15周年だったこともありいろいろ挑戦的な内容だったのもあるけど、秋映画もかなりの興収だったようだしホビーも好調だったようだし素晴らしい1年だったなぁ。最終回もおとなになった主人公が出産するというのも衝撃だったけど、大人えみると子供ルールーという逆転現象が起こってたりしたのも涙なしでは見られなかった。最終回だけでなくとりわけ36、37話のオールスター回はすでに語ったけど衝撃と感動でいまだに思い出しては見返してしまう。
 2月の頭に始まったスター☆トゥインクルプリキュアレトロフューチャーなファンタジー感満載の絵面になっていてこれもこれまでにない感じ。プリアラとはまた違った方向で縛りを入れてる気がするので期待大。まぁ今の所2人目までの変身バンクを見てそれだけでも素晴らしいので何も心配してないけど。

劇場版 ラブライブサンシャイン Over The Rainbow

 1/26はほんとは休みだったのに午前中に打ち合わせが入ったので映画を3本見る予定を2本に減らしてまずはラブシャイ。無印の映画よりは少し不思議的な話は薄めで、6人のAqoursの話と卒業した3人の話と統合する新しい学校の話を軸にミュージカル仕立てで進んでいく割と明るい話だった。どこで堕してくるんだ?と思ったけどウジウジ度も少なめでハッピーな映画でしたよ。見る順番さえ間違えなきゃねw

劇場版 Fate/stay night [Heaven's Feel]」 Ⅱ.lost butterfly

 ホントはそのままライダーを見ればよかったんだが翌日に単品でこれを見るのもあれだなぁと思って2本目に見てしまった。三部作の中編なので物語が大きく動く本作は、セイバーオルタvsバーサーカーの戦闘が一つの見所だったのと、かなり絶望的な展開と士郎のやられっぷりがなかなか痛々しい。桜も黒化するところまでなんで、最終章は聖骸布をとった士郎がまたことさらに壊れていくんだよなぁ。こっち先に見てラブシャイで口直しが正解だったんだろうけど、いい時間の上映がなかったのよね。

劇場版 ビルドNEW WORLD 仮面ライダークローズ

 ビルド最終回後の世界での姿を描く今作は実はもうひとりいましたパターンで戦兎のドライバーが奪われてるのでビルドには変身しない。まぁ今回の主人公は万丈なんでメイン視点はそっち。とある条件で新世界前の記憶を思い出す面々とかあれとクローズの共闘とか見どころも多いし、結末も清々しいので良かったわ。新世界でのライダーシステムのあり方についてまだまだ一悶着つけてスピンオフできそうなのもいいかな。ビルドはバディものとしてとても美味しかったので、一応戦兎とは違うバディを得て戦うコンセプトは割と好き。一応Vシネのイベント上映だったんでまだやってくれそうなんだけどなぁ。

土曜出勤中

多忙

 連休明けて2月頭の展示会に向けて仕事が大詰めなので忙しさに拍車。あけた火曜日からラボではなく某実証サイトに行ったり、できた造形物の確認とか修正に本社に行ったりラボと本社を往復したりと、仕事というより手分けしたはずのところを何故か私がやっている状況で、ほんと使えねえジジイどもは○ねと思いました。
 まぁそんなことはおいておいて、ボドゲ合宿からはや一週間たちやったゲームの中でこれはと思うものの感想でも書いておこうと思う。

  • アズール

 大賞を取る前に一度やったことがあったきりなのでだいぶ忘れてたんだけど、説明されてルールはすぐ理解できる程度には実は簡単。ただし、ゲーム自体は歯がゆくなるほど難しいというか手応えありの良作。皿の上に乗った4個のタイルのうち1種類を引き取って残りを真ん中に置くか真ん中から1種類引き取るかをして、個数に違いのある5本のスロットに1種類ずつおいておく。全員がとるのをやめたらスロットの埋まっているものを壁の方向へ移動させて得点して、誰かが横列を1本以上完成させたらそのラウンドで終了。ボーナスの計算をして最も得点の高い人が勝ち。引き取り方、得点の仕方がなかなかままならなくてそこが面白くもあり難しいところでもあるかな。1プレイも30分で終わる手軽さがあるのでリプレイ性も高いし、タイルもきれいで可愛いのもいいところ。さすが大賞を取るゲームだなと。

アズール 日本語版

アズール 日本語版

 合宿に間に合わないかなぁと思っていたのが間に合ったので遊んでみたがこれはネタゲーとしては面白い。手札から右腕、左腕、胴に別れた英霊を召喚して、その時の聖杯に書かれた勝敗の決定方法に従って他のプレイヤーすべてを打ち負かすことを目的にしている。のだけども、どうしてもその珍奇な名前やプロフィールの面白さが優先されがちでもちろん勝たないと聖杯手に入らないのでその中でもちゃんと今のルールで勝てる英霊を召喚しようとするんだが、やっぱり珍奇な名前を~と手札を見ながらループしちゃうのです。ゲームとそいてはやはりネタゲーなので大味感は否めないけど、ワイワイ楽しむならこのくらい荒いほうがいいかなと。最近流行りの投票による各つけみたいなルールじゃなく、厳然とした数値の優劣や神の身体による完全勝利なんかがちゃんと機能しているのでふわっとしたことにはならない。ちと英霊を一度も召喚できないでゲームが終わるようなこともあるので、それを是正するバリアントルールを入れて遊んだほうがいいかなぁとは思う。

 遊んでみたかったアフター冒険飲み会ゲーム。今回は2のキャラ4人も足して8キャラクターから選んで遊んだ。ゲーム自体はプレロールドデッキゲームで各キャラクターごとに特徴のある40枚のデッキを駆使して他のプレイヤーキャラクターを酔い潰すか素寒貧にすると勝利だったりする。あとやっぱりこういうバカゲー(ルールはちゃんとしてる)はせっかくだからなりきりプレイもオツだなと思う。私はドワーフを選んでやったので、酒とギャンブルに強めでイカサマや金勘定に疎いキャラだった。最初からイケイケでぶん殴って耐久度落としたりギャンブルで金を放出させたりして意気揚々とやってたんだけど、次第に金が減っててやばいとなって起死回生のギャンブルで勝負手をイカサマで返されて、その後ケツの毛までむしられて無事馬小屋に放り込まれてしまったのでした。本当の飲み会の前にやるとか気心知れた仲間と役割を演じながらワイワイ楽しくやるのがいいのかな。

レッドドラゴン・イン 完全日本語版

レッドドラゴン・イン 完全日本語版